体を柔らかくするストレッチの方法TOP > ストレッチの効果 > 柔らかい体になる

柔らかい体になるについて

 

筋肉が伸びやすくなり柔らかい体になること


柔軟性で動きがスムースに
ストレッチは筋肉の柔軟性を増し、伸びやすくします。柔らかくなった筋肉についている関節の可動範囲=関節可動範囲が広がります。
関節可動域が広がると、体の動きがスムースになるとスポーツのパフォーマンスの向上やスポーツ時の怪我の予防にもなります。
逆に筋肉が固くなるとスポーツ時に怪我しやすくなります。また、太ももの裏の筋肉が固くなると骨盤が後ろに引っ張られて腰が丸くなり猫背になってしまいます。
例えば、歳を取り股関節の筋肉が硬くなると歩行時に脚を踏み出す歩幅が狭くなり、転倒の危険も多くなってきます。
■筋肉が伸びやすくなるとによるメリット
・体をスムースに大きく動かせる
・怪我の予防になる
・姿勢がよくなる
・アンチエイジング効果  など

ストレッチで筋肉が伸びる仕組み
筋肉を伸びやすさを決めるものは、次の2っです。
・筋肉の材質としての伸びやすさ(弾力の程度)
筋肉の材質としての伸びやすさは、収縮の機能である「筋線維(筋細胞)」の内外を覆う、筋膜などの結合組織の材質的な弾力性によって決まります。ストレッチにより伸びやすい材質に変化させます。
・筋肉の脱力の程度
筋肉は縮む方向に力を発揮するため、力が入るほど伸びにくく脱力しているほど伸びやすくなります。ストレッチは、これ以上伸ばせないのに無理やり力づくで伸ばすとこれ以上伸ばさせまいという「伸張反射」などの反応を抑えて筋肉を脱力させ伸びやすい状態に変えられます。

継続的にストレッチをすることで、その場だけの筋肉の柔らかさではなく、本質的に伸びやすい筋肉にすることが可能です。


身体を柔らかくする方法 人気DVD

90日間理由不問で全額返金保証付き !

■兼子ただしの“SPEED SPORTS STRETCH” -スピードスポーツストレッチ-


ストレッチの効果記事一覧

柔らかい体になる

筋肉が伸びやすくなり柔らかい体になること柔軟性で動きがスムースにストレッチは筋肉の柔軟性を増し、伸びやすくします。柔らかくなった筋肉についている関節の可動範囲=関節可動範囲...

ストレッチで筋肉のこわばりをほぐす

筋肉のこわばりをほぐして快適な体になる筋肉がこわばる原因として運動不足や同じ姿勢をとり続けたりすること、疲労が蓄積することが上げられます。こわばると、筋肉の血液の循環が悪い状態...

リラックス効果

ストレッチのリラックス効果ストレッチは、筋肉をほぐすだけでなく、体をリラックスさせる副交感神経の活動が活発になり、心拍数が下がり、気分が落ち着きます。こうやってリラックスするこ...